BEAUTIFUL WOMAN(永遠美女子)

ムダ毛の自己処理方法はいろいろとある

本日の特集は「ワックス」「除毛クリーム脱毛」

ムダ毛の自己処理方法「ワックス」

ムダ毛の自己処理方法、ワックス脱毛について
・ワックス脱毛/ミツロウやパラフィンなど融点の低い固形油でできているのがワックスです。温め柔らかくなったら脱毛したい部分に直接つけ、温度が下がり、粘着性が強くなったところで剥がします。1度に広範囲の部分を毛根から脱毛できるので、2~3週間の効果が期待できます。しかし、個人差はありますが、かなりの痛みを伴い、角質も一緒に剥がれてしまうので、肌荒れなどのトラブルも予想できます。開いた毛穴に雑菌が入って起こる炎症、皮膚が傷ついて起こる炎症、ワックスを剥がす刺激で起こる内出血、ワックスによるかぶれ、埋没毛など肌への負担が大きいといわれています。
ワックスで脱毛での注意点
ワックスで脱毛する場合、脱毛する部分を温タオルなどで温めて行う、処理後は冷タオルで冷やす、アフターケアのスキンケアもしっかり行うことが大切です。また、初めてトライするときは1度に広い部分を行うのではなく、狭い部分で少しずつ行い、肌の調子を見ながら進めましょう。

クリーム脱毛するなら

ムダ毛の自己処理方法「除毛クリーム脱毛」

除毛クリームを使用して、ムダ毛の処理をする場合のアドバイスがあります。
・除毛クリーム脱毛/毛を構成するたんぱく質を分解する成分配合の除毛クリームでも脱毛できます。痛みがほとんどなく、顔以外のほとんどの部分が手軽に脱毛できます。最近ではさまざまなタイプのものが出ており、毛穴の内部の毛まで溶かし表面に毛を残さないもの、皮膚表面の毛だけ溶かすものなどがあります。さらに抑毛成分入りで、使いつづけるうちに毛が生えにくくなどの効果をうたっているものもあります。しかし、毛根自体は残っているので、比較的、すぐ生えてきてしまいます。
また、お肌というものはデリーケートなものなので、荒れたりアレルギーが出たりする場合もありますから、使用前にテストが必要です。
肌の一部に塗り、アレルギー反応が出ないかどうか確認するテストなどをして、肌に合うかどうか、試すのもいいでしょう。除毛クリームは乾いた肌に使う、使った後はきれいに拭き取る、洗い流すなど使用上の注意をよく守りましょう。